新型コロナウイルス感染予防対策についてのお願い

 
7/3父島入港便より営業を再開しました。
医療体制に乏しい小笠原ゆえ、当面はコロナ感染対策をとった形での営業となります、不自由、かつ余計な気を使う場面が多くなるとは思いますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 
 
ご出発前の体調管理をお願いします、定期船おがさわら丸にご乗船前には体温測定があり、咳、発熱など体調が悪い方は乗船のご辞退をお願いすることがあります。
 
到着後、島内では原則マスクの着用をお願いします、特にスーパーやお土産屋さんに入店される場合はご注意下さい、また、スタッフもマスクをしての接客が多くなりますので、ご理解お願いします。
 
ダイビングボートの定員は24名ですが、スタッフを含めて最大10名程度で使用します、ボート上では、適切な距離を保っていただき、ご自分の持ち物(タオル等)が他の方の物と重ならないようお願いします。
 
到着日のダイビングにつきましては、器材と一緒に送迎いたします、2日目以降は、ダイビング器材はボートに置いたままにしていただき、出発岸壁まで徒歩圏内(概ね徒歩5〜8分)の方は、徒歩での集合をお願いします。
 
飲み物は、冷たいお茶のご用意がありますが、マイボトルをご持参下さい。
 
マスクの曇り止めはご持参下さい。
 
お菓子、アメなど、食べ物の共用はご遠慮下さい。
 
万が一、同時滞在のゲスト、及びスタッフに感染が疑われる症状が出た場合は、その後の予定がキャンセルになり、保健所などに情報提供する場合があることをご了承お願いします。
 
 
 
小笠原は7/1現在感染者は出ていませんが、本土は未だ予断を許さない状況が続いています、そのような中での再開であることを認識いただき、色々制約がつく状況ではありますが、是非楽しい小笠原滞在にしましょう、よろしくお願いします!